トップ 化粧品ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

化粧品ナビ化粧品の成分 > 見た目を良くする成分

見た目を良くする成分

見た目を良くする成分の画像

化粧品の見た目とは、パッケージのデザインも見た目に含まれますが、ここでは、化粧品の感じについて説明します。

例えばジェル状であったり、サラサラの液体であったり。

意外と気にせず使っている化粧品でも、見た目を良くするために使われている成分が配合されています。

初めて使う化粧品を手やコットンに取ってみて、最初に私たちが五感で感じるのは視覚と嗅覚、触覚です。

見て綺麗な色であったり、サラサラとしていて気持ち良さそうだったり。

香りもその化粧品を印象付けるもので、いくら肌に良いと勧められても、絶対に体が受け付けない香りであれば、使いたいとは思わないはずです。

触った感じも大切で、ジェルと思って購入したら意外と固いクリームだったというような経験は無いでしょうか。

このように、化粧品の効果に目が向きがちな私たちですが、最初の見た目でも実は無意識に化粧品を選んでいるのです。

この化粧品を使えば効果がありそう・・・。

そう思わせるような成分は必ずどの化粧品にも含まれているのです。

化粧品の見た目を決める成分を専門用語では「基材」と呼びます。

主成分ということです。

主成分によって見た目が決まるのですから、化粧品を製造する会社は主成分に最もこだわるのです。

口紅や固めのクリームを作るためには、油脂やろう類、炭化水素、高級脂肪酸などが基材として使われます。

パックなどの被膜を作るためには、天然高分子や合成高分子と呼ばれる成分が基材として使われています。

パウダーの化粧品を作るためには、タルクやカオリンなどの顔料が使われます。

クリームを柔らかく乳化させるためには、ノニオン系やアニオン系の活性剤が使われています。

見た目を良くする成分は、あらゆる化粧品の基になるものですから、量も多く使われているということになります。

最も成分量の多いものは、全成分表示の先頭に書かれていますので、気になる方はチェックしてみてください。



スポンサー広告

ネットショップ広告


化粧品ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 見た目を良くする成分

化粧品の見た目とは、パッケージのデザインも見た目に含まれますが、ここでは、化粧品の感じについて説明します。 例えばジェル状であったり、サラサラの液体であったり。 意外と気にせず使っている化粧品でも、見た目を良くするために使われている成分が配合されています。 初めて使う化粧品を手やコットンに取ってみて、最初に私たちが五感で感じるのは視覚と嗅覚、触覚です。 見て綺麗な色であったり、サラサラとしていて気持ち良さそうだったり。 香りもその化粧品を印象付けるもので、いくら肌に良いと勧

化粧品ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。