トップ 化粧品ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

化粧品ナビ化粧品の役割と正しい使い方(基礎化粧品編) > 洗顔料・クレンジング料

洗顔料・クレンジング料

洗顔料・クレンジング料の画像

肌を健やかに保つ秘訣。

それは正しい洗顔料を選ぶこと。

そしてそれを上手に使うことにあります。

肌の汚れをきちんと落としてからでないと、その後にいくら丁寧に手入れを行っても意味が無いだけでなく、汚れが残ったまま化粧を続ければ肌のトラブルの原因にもなるからです。

まず、クレンジング料ですが、メークアップを落とすという目的で使われます。

メークアップは油分が主な原料となっていますので、通常の洗顔料では肌の毛穴に残った油分まで落としきることができません。

そのため、メークアップを落とすためには専用のクレンジング料が必要になるのです。

しかし、肌が本来持っている油分まで根こそぎ落としていたのでは、肌の乾燥などのトラブルを招きます。

メークアップだけを落とす優秀なクレンジング料を選ぶことが大切になるのです。

オイルタイプやフォームタイプなど、その形状は様々ですが、実際に使用してみて使いやすいかどうか、メイクがきちんと落ちているかどうか。

サンプル品でまずは試してみることが大切です。

アイメイクや口紅などのポイントメイクは、できれば専用のポイントメイク落としを使って集中的に落としましょう。

ファウンデーションと違って、色素が残りやすいポイントメイクは、通常のクレンジング料では落ちにくいことが多いのです。

洗顔料は、肌に付いた埃や余分な皮脂、汗などの汚れを落とします。

クレンジング料の後に使います。

クレンジング料と洗顔料が一緒になった化粧品も発売されていますが、できれば別々に利用する方が効果も高いでしょう。

洗顔料で肌のトラブルを引き起こしてしまう大きな原因は、汚れを落とそうと必死になってごしごしと肌をこすってしまうことにあります。

クレンジング料も同じですが、肌の表面をこすらず、滑らせるように使います。

無理にこすらなくても泡やオイルなどの力で十分に汚れは落ちます。

泡立てネットを使うのも良い泡を作るポイントです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


化粧品ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 化粧品に含まれる成分

2001年の法改正に伴い、化粧品には配合されているすべての成分の表示が義務付けられました。 全成分が表示されていることで、万が一肌にトラブルが起こってしまった場合の原因が判定しやすくなります。 また、消費者である私たちも、どの成分でトラブルが起こるのかを事前に知っていることで、購入の際にその成分が含まれる化粧品を避けることができ、肌トラブルを未然に防ぐことができます。 成分の表示は日本で販売する商品については日本語で表記することと定められています。 化粧品の外箱や化粧品のボ

化粧品ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。