トップ 化粧品ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

化粧品ナビ > 化粧品の役割と正しい使い方(基礎化粧品編)

化粧品の役割と正しい使い方(基礎化粧品編)

その他

基礎化粧品のスペシャルケアには、美容液やクリーム以外にも様々なものがあります。 例えば、パック。 パックにも含まれる成分によって効果の違いがありますが、パックを行う目的は同じで、成分の浸透を深めるという役割があります。 通常の化粧品では肌の奥に届きにくい成分を、時間をかけてゆっくりと浸透させることによって、効果を長続きさせることもできます。 ですから、パックはスペシャルケアとして週に2・3度で十分です。 日焼け止めは、紫外線が強くなってきた近年、皮膚がんの抑制のため小さな頃



スポンサー広告

ネットショップ広告


化粧品の役割と正しい使い方(基礎化粧品編)の記事

化粧品の役割と正しい使い方(基礎化粧品編)のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

その他

その他

基礎化粧品のスペシャルケアには、美容液やクリーム以外にも様々なものがあります。 例えば、パック。 パックにも含まれる成分によって効果の違い・・・


美容液・クリーム

美容液・クリーム

美容液やクリームは基礎化粧品の中でも必要に応じて使うスペシャルケアの位置づけです。 化粧水や乳液には含まれていないか、含まれていてもわずか・・・


乳液

乳液

以前は、化粧水の後は必ず乳液をつけましょうという考え方が主流でした。 しかし、今、その考え方は少し変わってきて、必ずしも乳液をつけなくても・・・


洗顔料・クレンジング料

洗顔料・クレンジング料

肌を健やかに保つ秘訣。 それは正しい洗顔料を選ぶこと。 そしてそれを上手に使うことにあります。 肌の汚れをきちんと落としてからでないと、そ・・・


化粧水

化粧水

化粧水の役割は、洗顔やクレンジングによって失われた肌の水分を補給するという点にあります。 きちんと毛穴が綺麗になっていても、一緒に肌に大切・・・


今日のお勧め記事 ⇒ アイシャドウ・チーク

アイシャドウも女性の化粧には欠かせないアイテムです。 色で目元に華やかさを添えます。 使う順は、マスカラやアイライナーの後でも先でもかまいません。 アイライナーなどの後にアイシャドウを使うと、ラインを少しぼかす効果があるため、自然なアイラインを出したいのであれば、アイライナーの後にアイシャドウを使います。 アイラインを強調したい場合には、アイシャドウを先に塗ります。 アイシャドウのための下地を塗ってからアイシャドウを塗ると持ちや発色が良くなるのでお勧めです。 アイシャドウは

化粧品ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。