トップ 化粧品ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

化粧品ナビ化粧品豆知識 > 化粧の歴史

化粧の歴史

化粧の歴史の画像

江戸時代に入ると化粧のすそ野は庶民へと広がっていきます。

歌舞伎役者や遊女の真似をする庶民が増えたため、女性の間で化粧は憧れから日常へと変わっていったのです。

しかし、高級な水銀性の白粉などはなかなか手に入らず、庶民はもっぱら草や花から取れる材料で作られた化粧品を使っていました。

しかし、水銀性の白粉で身分の高い女性たちやその家系に悲劇が訪れます。

当時は原因不明とされていた乳児の突然死。

死亡率が非常に高いのが乳飲み子たちでした。

現在ではその理由は、水銀性の白粉にあると解明されています。

高貴な身分の家系に早死する人が多いのは、水銀の影響だったのです。

水銀は皮膚から吸収され体内に蓄積され、やがて病気を引き起こして死に至る恐ろしい毒です。

これを知らなかった当時の女性たちは、水銀の吸収された体で赤ん坊に母乳を飲ませていたのです。

幼い子供が急逝する責任を逃れるため、当時の母親たちは乳母に母乳を任せていましたが、その乳母たちも水銀の白粉を利用していたため、結果としては同じことで、水銀の毒が子供に移るという悲劇が起きていたのです。

水銀性の白粉を利用していた遊女や歌舞伎役者に若くして死ぬ人が多かったことも同じ理由と考えられています。

庶民には手の届かなかった高級な化粧品が毒であったとは何とも皮肉としか言いようがありません。

明治時代になると、文明開化の波が押し寄せます。

輸出入も活発になり、当然のように化粧品も海外から多く輸入されるようになりました。

それまで、自然からの原料に頼っていた日本の化粧品は、海外の化学物質を含んだ化粧品に対抗する必要性に迫られ、化粧品のメーカーの大きな転換期になったのです。

1955年にファウンデーションが開発されると、世界各国共通の化粧の方法が確立されていきます。

日本の化粧品のメーカーも工業製品として質の高い化粧品の製造方法を確立し、今では世界一流のメーカーとして認められるようになりました。



スポンサー広告

ネットショップ広告


化粧品ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 美容液・クリーム

美容液やクリームは基礎化粧品の中でも必要に応じて使うスペシャルケアの位置づけです。 化粧水や乳液には含まれていないか、含まれていてもわずかな成分を凝縮した化粧品が美容液やクリームになります。 そのため、無くても構わないという人は使わなくても肌に問題は無いのです。 美白効果を求めたり、肌の張りを保ったりなど、普段のケア以上に求めるものがある場合に使う化粧品です。 最近では乳液と美容液の効果がひとつになった美容液も多く見かけるようになりました。 クリームは美容液と同じスペシャル

化粧品ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。